PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
有料老人ホーム・介護施設の知識や、みんなの介護色に関して色々と綴って行きたいと思います。

みんなの介護を考えてみよう

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    老人ホームや介護施設の無料資料・パンフレットを請求しよう。
    0

       

      家族のどなたかが介護が必要になって、

      老人ホーム・介護施設に入居しなければならなくなった時に、

      「どうしよう?」と戸惑ってしまうご家族も多いでしょう。

       

      しかしながら、普通の会社員の方たちは、

      老人ホームや老人介護施設に関する知識がある人は、ほとんどいません。

       

      まず第一に、予定するエリアの中にある施設の情報を集めましょう。

       

      今は、とても便利な時代で、

      インターネットでも簡単に老人ホーム情報を得ることが出来ます。

       

      また、予定するエリアの中の地方自治体の窓口に行って、

      老人ホーム・介護施設の一覧表などもゲットすることもできます。

       

      次の段階では、目ぼしい老人ホーム・介護施設について、

      無料の資料・パンフレットを取り寄せてみましょう。

       

      どこの老人ホーム・介護施設でも

      無料で資料・パンフレットを提供しています。

       

      手元に詳しい情報があれば、

      他の施設との比較もやり易くなります。

       

      ですので資料・パンフレットが欲しい方は、

      遠慮しないで請求してくださいね。

       

      JUGEMテーマ:高齢者の日常生活

       

       

       

       

      | 老人ホーム・介護施設探し | 12:24 | - | - |
      痴呆症の高齢者に最適なグループホーム
      0

        年々、痴呆症になる高齢者が増えてきている現状で、

        期待されているのがグループホームです。

         

        グループホームというのは、いわゆる民間運営の施設で、

        老人介護施設の中では、一番の施設数があります。

         

        入居条件としては、「要支援2、または要介護1で、

        そのグループホームが存在している市区町村の

        住民票を持っている人」ということになります。

         

        グループホームの強みとしては、

        認知症になった高齢者に対する介護ケアが

        充実しているところです。

         

        グループホームでは、少人数(5人から9人)のユニットと呼ばれる、

        まるで家族のような共同生活のグループを作り、生活しています。

         

        老人介護施設情報サイト:みんなの介護で探す有料老人ホーム

         

        まるで家庭のような環境を作り出すことによって、

        認知症の進行を食い止めたり遅らせたりしながら、

        各入居者の能力を維持できるようにしていきます。

         

        家族のような少人数の共同生活を行うために、

        医療依存度が高い入居者の場合には

        基本的に入居できないことになっています。

         

        グループホームは、認知症の高齢者にとっては、

        強い味方なのかもしれませんね。

         

         

        JUGEMテーマ:福祉施設

         

         

         

         

        | 老人介護施設の種類 | 12:22 | - | - |
        老人ホーム・介護施設に体験入居してみてチェックすること
        0

          老人ホーム・介護施設の見学会に参加したとしても、その施設に滞在できる時間は限られています。

           

          そこで得られる情報も、やはり限界があると考えて良いでしょう。

           

          出来れば、数日間〜1週間程度は滞在して、実際にその施設の介護サービスを受けてみましょう。

           

          そこには、見学会で得られるような施設の設備などハード面だけではなく、施設のスタッフの教育レベルや人柄などなど、ソフトな情報も得られることが出来ます。

           

          もちろん、介護サービスの内容や食事なども良くわかると思います。

           

          気に入りそうな老人ホームが何ヶ所か見つけることが出来たら、契約しようと決断する前には、必ず、体験入居を申し込んでみるようにしましょう。

           

          体験入居というシステムは、滞在する日数に応じて、その費用を実費で支払うことになります。

           

          大体、1泊2食付きだと、4000円から2万円程度ですが、そこの施設の設備や介護サービス内容で大きな幅があります。

           

          施設の設備や部屋、介護サービスも大事ですが、食事内容や周囲の人・介護スタッフなどとの人間関係も大切です。

           

          気のなることは、漏らさずチェックしておきましょう。

           

           

           

          JUGEMテーマ:介護で試行錯誤

           

           

           

           

          | 体験入居について | 14:34 | - | - |